So-net無料ブログ作成
検索選択

51歳でリストラ同然に大手企業を退職させられた平社員 [中高年の暗い未来]

昨日、私の元同僚であり元先輩が退職しました。
退職したと言うよりリストラさられたというほうが正解でしょう。

50代リストラ平社員.jpg


私の元職場は東証一部上場大手不動産会社です。
従業員も約3000人で業界でも有名な会社です。


そんな会社でもリストラのような退職が横行しています。
いや逆に大企業だから不条理な退職勧告が横行していると言っても過言ではありません。


私の元同僚(以下山田さん・仮名)と書きます。



51歳でリストラされた山田さんのプロフィール

妻、子供3人の5人家族  35年住宅ローン付きの持ち家あり
転職歴あり 大卒中途入社 勤続27年 地位:入社以来平社員 資格(宅建・不動産コンサル)なし
月収52万円 年収約650万円

中高年リストラの涙.jpg



そんな山田さんが退職させられた理由は「従業員の若返り」。

入社当時は不動産バブルが終わったばかりでまだ景気も良く管理職の上司も15歳以上の年の差で違和感もありませんでした。

しかし今現在は、管理職の上司が40歳から45歳で山田さんより10歳前後の年下です。

それでも幹部候補生で入社した社員や本社や親会社の天下りなど全く関わりが薄い上司ならまだ我慢できるでしょう。

しかし実際は山田さんの元後輩で大卒入社時に仕事のイロハを教え込んだ当時の新入社員であり部下。

その元部下が特別なわけでなく単純に山田さんの出世スピードが遅かっただけ。

職責の逆転を生んだ理由は山田さんが怠けていたわけではなく過酷労働から内臓疾患で入院したり不動産営業で必須の宅建主任者資格を持っていなかったのが大きな要因です。




山田さんは突然、思い立ったように退職したのではなく6年ぐらい前から会社人事部の圧力を受けていました。

これは山田さんだけに限ったことではなく殆どの出世が遅い・出世争いに敗れた社員が受ける屈辱的な仕打ちと言ってもいいことです。



その手口とは

まず、研修期間の終わった新入社員のためにと担当エリアを削られる。

当然に営業成績が下がる

上司から責められる 挽回しようと頑張っているところに毎晩ミーティングと称して束縛され長時間、無意味・無駄な指導をされる。

次に営業成績の不振社員として毎月のはじめに本社研修を受けさせられる。

研修では講師が特に適正な指導をするわけではなく“死ぬ気で頑張れ”“やればできる”など根性論などが中心でここでも研修時間と往復の移動時間で無駄な時間を浪費させられる

研修時間中に仕事をしようとしても営業所に戻ってから研修内容を付けた反省文を書かされる。



この時点で成績をあげるための営業時間が大幅に消滅する。




成績アップの秘訣・指導どころか逆効果でしかありません。

私から見たら嫌がらせにしか見えません。

何かテレビドラマで見た「半沢直樹」をイメージしてしまいます。



そして営業マンは

営業マンとしてもプライドをズタズタにされストレスに焦りが増す。

もがけばもがくほどその分、残業時間が増え中年になった肉体に疲労が蓄積する。

それにも打ち勝とうとして頑張っていても担当エリアは減る一方で若手がどんどん追い抜いていく。

しまいには若手にも舐められる、無礼な態度をされる。さげすまれる。哀れみを持たれる。



この悪循環が延々と続く。

2・3年は我慢できても年々年を取るので肉体的にも衰えが加わる。

担当エリアの減少など言い訳もできない。

なぜなら会社は上層部から確信犯的に自主退職に追い込むのが目的なので言い訳ができないように切り返し文句も揃えている。

最終的には本社から毒舌の役員が来て「お前1人分の給料で新入社員が2人雇える」など言われる。


“耐えがたいストレス”

元部下で直属上司の屈辱的指導。

毎月の成績不振社・ダメ社員研修。

同僚や女子事務員などの蔑み・哀れみ。

本社役員からの罵倒。


これだけ揃っても自主退職しないのは鉄の心臓の持ち主である。

私は最初に担当エリアが狭くなった時点で退職しましたが山田さんはかなり耐えたようです。


山田さんの言い分としたら会社の激務から内臓疾患にかかり出世できなかったという気持ちが強かったようだが当時の上司も同僚もいない。

元同僚は退職したか出世して本社にいるかで誰も当時のことなど気にかけていない。


結局、山田さんは考えに考えた挙句に退職しました。

しばらくすると状況も好転するかもしれないと悩んでおられましたがストレスから持病が悪化し入院にでもなればますます状況が悪化するのと年齢的な再就職先の問題でギリギリの決断をしたようです。


正直言って病気持ちの51歳で特にこれと言った他人より優れた特技もとりえもない人なのでこれからはイバラの道が待ち受けていると思います。


現在、就職活動をされていますがどこも厳しく採用されそうなのは元同僚の紹介企業たったひとつ。

そこは非上場でスパルタ営業で有名な不動産会社で純粋な山田さんではまず続かないと思います。


今までは大企業の看板をバックに親方日の丸的な営業ができましたがこれからは会社の知名度も低い。


勤務時間・ノルマも増加で大幅年収ダウン

どれだけ楽観的・ひいき目に見ても厳しいと思います。


私から出来ること・助け舟はネットビジネスへのいざないですが精神的にも余裕が無く私からの提案は全く耳に入りませんでした。


私から“今のネットビジネスは年々新たな手法も生まれまだまだ成長過程なので大丈夫です。”と説得しましたが長年の窓際社員生活で負け犬根性もついてしまい自信喪失から自分にはネットビジネスなど新たに一から勉強して出来るはずがないと思い込んでいるようです。


私から言わせれば新しい会社で独特のしきたりになれる努力や新たな人間関係を構築する労力などを考えればネットビジネスのほうがよっぽど低い壁で楽だと思います。


今は何を言っても“自分にバリアを貼られている状態”なのでタイミングを見て自宅のパソコン前まで連れて来て実際に私が稼いでいる方法・成果報酬を見せて助け舟を出してあげるつもりです。


リストラ退職.png



nice!(12)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 12

コメント 1

みぃにゃん

このお年でなかなか全く別の仕事も難しいでしょうし、ましてお子さんもいらっしゃるし相当厳しいとおもいます。若返りのための退職させられるのは納得できませんね、人をモノと思ってる企業は伸びないとおもいます。
山田さんには長く続けれる企業が見つかることをお祈りしたいです。
by みぃにゃん (2016-03-29 11:46) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。